Mダックス3匹と暮らす生活など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
今年も宜しくお願いします
ruru3.jpg

ruruが生まれてから、1日が経つのがものすごく早く感じる・・・・
あ~~~~~歳もその分早く取ってしまうんだなぁ=====
ともあれ、今年も宜しくお願いします。
スポンサーサイト
【2008/01/01 00:22】 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
王の男
ounootoko.jpg

韓国ドラマ、宮廷女官チャングムの誓いを見てからと言うもの、韓国の歴史ドラマの面白さに魅了された。
今回のこの王の男は、チャングムに出てきた、チュンジョン王が、正に、クーデターを起こして、王になったのだが、その失脚させられた、暴君、朝鮮王朝第10代国王ヨンサングンの時代の話である。
チャングムにも、このヨンサングンの母親が、毒殺される場面が出てきたりと、時代の背景もわかるので、是非観たいと思っていた。
簡単に、ストーリを言うと、一流の芸人を目指して、都へやって来た、チャンセンと女形のコンギルの2人。
都で、町人から、キーセン(身分の低い芸者)だった、ノクスを妾にし、連日宴会を開き、遊び呆けているヨンサングンの話を聞く。
そこで、王を皮肉った、芝居をし、民衆のスターになった、2人。
しかし、王の重臣につかまり、心を閉ざした王を笑わせたら、許してくれと頼み、王の前で、芸を披露する。
王の前で、緊張し、いつもの演技が、出来ない皆であったが、その中で、女形コンギルが、気転をきかせ、王を笑わせ、死刑を免れ、それ以降、宮廷のお抱え芸人となる。
コンギルの美しさに、益々心を奪われた王であったが、やがて、2人は、そんな王を取巻く、重臣や、妾の嫉妬と、陰謀に巻き込まれていくのである。
ただただ、暴君と言われているヨンサングンであるが、この映画を観ると、かわいそうな、人だったんだなと思う気もする。
ounootoko5.jpg

とにかく、コンギル役のイ・ジュンギ君、女よりも、美しい男と言われるだけあって、とっても、きれいでした。
王と、芸人のチャンセン、コンギルの男3人。
なんか、せつない・・・・
でも、この映画、良かった・・・・
続きを読む
【2006/12/20 22:45】 映画 | トラックバック(0) | コメント(3)
DEATH NOTE the Last name
20061105100733.jpg

DEATH NOTEの前編が、公開された時、とっても気になっていた。
何に、気になったかた言うと、予告に出てきた、死神のリュークだ!こ、これは、何?????と・・・・・・
漫画も、読んでいなかったが、後編が、公開されるにあたって、早くも、テレビで、前編をやった。
見たら、わりと面白かった。
っと言う事で、昨日、レイトショーで、観てきた。
まあ、こんな話、実際にありえないけど、ライトと、エルの頭脳戦が、おもしろい。
本当に、頭、良いなぁ~~
実は、映画に行く前に、漫画も買ってしまった。
20061105101552.jpg

全部で、13巻。最後の13巻目は、解説本みたい・・・
まだ、全て読んでいないが、映画は、漫画のストーリに大体沿ってる感じ。漫画の方が、内容が濃いが・・・・
恐ろしい、形相の、リュークだが、結構お茶目な面もあって、面白い。
大好きだし・・・・
しかし、こんなストーリーの発想って、普通思いつかないだろうし、
この漫画を映画化するのも、難しそうなのに、すごいと思った。
【2006/11/05 10:24】 映画 | トラックバック(0) | コメント(10)
ブラック・ダリア
bkd.jpg

昨夜、レイトショーで、観てきました。
最近コマーシャルで、気になっていたが、1947年にロスで、実際にあった、殺人事件をモチーフにした映画だそうだ。
残酷な殺され方をし、世界一有名な死体となった、22歳の女優志望のエリザベス・ショートは、なかなか、チャンスがつかめず、いつも、黒いドレスを着て、娼婦まがいの生活を送っていた。
そんな、彼女を世間は、映画、ブルー・ダリアのタイトルをもじって、ブラック・ダリアと呼んだそうだ。(ブルー・ダリアが、どんな内容の映画か、????であるが・・・)
ブラック・ダリアの事を、中心にと言うよりは、その事件を通じての周囲の複雑に絡んだ人間模様のストーリーって、感じ・・・・
なかなか、見ごたえのある、映画だった。
しかし、当日、まさか映画に行くとは思っていなかったので、テレビ三昧だった、私には、ストーリーが、後から、つながってくるので、頭を整理するのに、とっても疲れた・・・・
出ている、刑事役の、ジョシュ・ハーネットと、その相棒刑事と同棲している、ケイ役のスカーレット・ヨハンソンが、とっても、綺麗だった。
後、観てないが、クリント・イーストウッドが監督、主演した、ミリオンダラー・ベイビーに主演した、ヒラリー・スワンクが、大富豪の娘役なのだが、ボクサーの役の時と、全然違って見えた。
bkd2.jpg

【2006/10/22 17:58】 映画 | トラックバック(0) | コメント(5)
X-MEN  ファイナル ディシジョン
xmen.jpg

今日レイトショーで、X-MENを観て来た。
1作目から、見ているので、是非見なくてはと・・・
超能力も持っている、ミュータントと人間の共存を描いた映画。
元は、アメリカンコミックらしい・・・読んだ事ないけど。
このミュータントっていうのが、すごい。
見かけの変なミュータントもいるが、一見人間にしか見えないのに、
すごい力を持っている。
例えば、嵐を起こせる人。手から、火や水を出せる人。目から、光線を出して、爆破できる人。手から刃物が出る人。壁を通りぬけられる人などなど・・・
今回は、ミュータントの能力をなくす、(人間に戻す)キュアという、新薬が出て、それについての騒動のお話し。
戦いのシーンもスケールが大きい。
ミュータントを見るだけでも、すごい!!と思ってしまう。
まあ、ところどころ、???な所もあるが、漫画が元なのだから、仕方ないだろう。わりと、楽しめた。
我々せっかち夫婦は、エンドロールが流れ出すと同時に席を立つ派・・
ところが、帰ってきて、雑誌にこの映画の事が出ていて、エンディングロール後に秘密があるから、立っちゃダメ!!と書いてあった。
が~~~ん!!
秘密ってなんだろ??なんだろ???
インターネットで、調べて、わかりはしたが、文章で読むのと、映像で見るのでは、全然違うんだろうな???
はぁ~~~まあ、いつもの事かぁ~~~
【2006/09/09 23:30】 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
日本沈没
eiga.jpg

週末となると、会社がない日は、いつもゴルフに行ってしまう旦那であったが、今週は、ゴルフの予定がなし!
っと言うことで、映画を見に行った。
オンラインチケットで、購入したのは、水曜日・・・
M:I:Ⅲを見ようとしたら、買えない・・・
パイレーツ・オブ・カリビアンも、買えない・・・
じゃあ、日本沈没は???どうにか、買えた。
それで、レイトショーで、見に行った。
日本が沈没する前に、どうにかくい止めようと、頑張るのだが、どうみても、最後は、ほぼ沈んでしまった・・・・
30年位前にも、映画化されたようだが、小学生だから、良く覚えていない。旦那さんは、由美かおるが、出ていたのを、覚えていると、言うが、果たして本当なのか????
由美かおると言えば、水戸黄門の入浴シーンしか、思い出せない
今回の作品は、CGが、かなり使われているようで、なかなか、映像は、すごかった。製作費も、かなりかかったようだ。
柴咲コウが、女性のレスキュー隊の役なのだが、どう考えてもあんな、細い子が、レスキュー出きるなんて?????かなり、不可能って思ったのは、私だけ??
【2006/07/15 23:19】 映画 | トラックバック(0) | コメント(7)
ダ・ビンチ・コード
davincicode.jpg

今日は、夕方から、旦那さんと、ダ・ヴィンチ・コードを観てきた。
先日、フジTVの笠井アナが、映画について、本を読んだ事の無い人は、本でなくとも、何かしら情報があったほうが、おもしろい!と言ったので、本を読んでいない私は、その日のPM9:00からの土曜プレミアムをしっかりと見た。
昨日TV見なかった方が、私的には、面白かったかも・・・・
無知で観るのも、エェ~~~~
っと思って面白かったかも。しっかりと、予習しちゃたから、旦那さんなんか、仕事で疲れていたのか、長すぎる!!と怒ってました。
でも、暗号を、解ける人って、やっぱりすごい。
その暗号を絵に隠すなんて。。。ダヴィンチって、すごすぎ!!
昨日のテレビで、モナリザの絵の色は、当時の色と変わってしまったと、言っていた。絵を保護するために塗られたニスが、黄ばんでしまったというのだ。
本当の色彩が、CGで出た。モナリザの肌は、白く、そしてバックの背景もかなり明るい。でも、現在の黄ばんだ色になったからこそ、謎めいた感じを、かもしだしているように思う。
きれいな、色のまま残っていたら、ダヴィンチの描いた絵のうちの1枚としか、思われなかったような気がする。
私的には、ダヴィンチより、ボッティチェリの絵のほうが、好きだ。
チャンチャン
【2006/05/22 00:01】 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
海猿つながりで、猿???
umizaru.jpg

今日は、109シネマズ港北で、LIMIT OF LOVE 海猿を見てきた。初日という事もあり、昨日オンラインでチケット取ったが、なかなか空いてなく、やっと取れたのだった。さぞ、カップルが多いのではないかと思っていたら、小学生の子どもが多くてびっくりした。私は、いい歳ながら、何度も、ドキドキ、はらはら、胸キュン、ジーンと目頭があつくなったが、これを小学生がどんな気持ちで見ているのかと思うとちょっと、びびった。kissシーンも長かったしぃ~~~
今の時代は、当たり前なのかもしれないが・・・。
それにしても、伊藤君かっこよかったぁ~~~
その後、地元に戻ったら、デパートの前で、おさるさんが、芸を披露していた。良く、見かけるのだが、今日は、人がまばらだったので、ちょっと覗いてみることにした。一所懸命に演技する様が、とても、かわいかった。最後に写真を1枚撮らせていただいた。
名前は、チャーリー君
chary.jpg

【2006/05/06 20:30】 映画 | トラックバック(0) | コメント(5)
| ホーム |
CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
yota55
  • yota55
  • M.ダックス3匹との楽しい生活&
    yota55の、趣味や習い事の日記を綴って行きたいと
    思います。
  • RSS1.0
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。